英語勉強法

最高の英語勉強法で最高の成果を上げたい方へ

当サイトでは英語の教材に関する評価や感想を紹介するサイトです。

 

今現在、世の中には様々な英語教材があります。最近では、特にバラエティー豊かな教材が増えてきていると実感します。

 

しかし、中には地雷も多く含まれています。地雷と言うのは、宣伝で言うほどの効果が実感できない場合です。

 

確かに、人によって英語力などの差はあります。しかし、効率よく勉強をすることで能力の差を補えると思うのです。

 

しかし、役に立たない英語教材を買ってしまうと、逆効果になりますます英語が出来るようになるのが遠のきます。

 

当サイトでは、そうならないように、して欲しいという願いを込めて作成しています。

 

英語教材の人気ランキングも参考にして学習してください。サポート付きの商品は人気ですね。

 

 

英語を使う地域

 

英語とは、イギリスのイングランド地方が発祥の地と言われています。イングランドから大航海時代などを通じて世界のあちこちに広がっていきました。今では、80の国や地域で話されています。世界共通の言語と言ってもよいのが英語です。何故、こんなにも英語が世界のあちこちに広がったのでしょうか?それは、イギリスの植民地支配と大きく関わっているのです。イギリスが広大な植民地を支配した時に、現地人の上流階級の方をイギリス本土に送り込み英語の勉強などの教育をした上で植民地に返すという政策をしたのです。その政策のお陰で、イギリスの植民地であればほとんどの植民地の上流階級は英語が喋れる状態になっていたのです。現地の法律などでも英語で書かれたものもありイギリスと植民地の共通語となって言ったのです。

 

第二次世界大戦が終わる頃から、イギリスの植民地は次々と独立してしまいイギリスの影響力は弱まりました。イギリスの代わりに世界を主導するようになったアメリカ合衆国も英語を国の言葉として使うようになったために、イギリスが衰えても英語は世界を主導する言葉に変わりはありませんでした。現代になっても国際共通語としての立場は変わらずにいます。貿易や国際社会が重要になってきている現在では、今後、ますます重要になっていくと思うのです。

 

 

英語と仕事の関係

 

最近では、仕事でも英語の重要性が増して来ています。企業によっては、社内語を英語にしてしまった企業もある位です。幼稚園や保育園のうちに英語に慣れ親しんだ方がよいとされていて、幼児の英語教育に力を入れる親も増えてきているのが現状です。大企業などに面接に行くと、すぐに英語が出来るかどうかの質問をされる場合があるようです。どの企業でも英語の重要さが増しています。仕事によっては、海外出張なども増えているのではないかと思います。海外に行った時に、英語が使えるか使えないかで大きく適応力が変わってくるはずです。

 

会社によっては、昇進試験に英語を導入している会社も増加しているようです。ある日、突然、昇進試験に英語が加えられてしまい高校を卒業して以来一切の英語をしていなかったので困ったと言う方も珍しくはありません。

 

社会に出て英語を一切やらなくなってしまった方も多いのが現状です。しかし、給料を上げるための昇進試験で英語があるので仕方なく勉強している方も少なくありません。学生時代のもっと英語を頑張って勉強してたらな〜と後悔している方も多いのではないでしょうか?しかし、大人になってもきちんとした正しい方法で勉強すれば見違えるように上達するはずですよ。

 

 

日本人の英語は使えない?

 

よく言われる言葉で、日本人の英語は良く分からないと言われることが多いです。言葉の周波数の違いがあるのです。英語を喋るアメリカ人が日本語を喋ると変な発音の日本語になります。同じように、日本人が英語を喋ると変な発音になりアメリカ人に通じない場合が多々あるのです。ところで、ネイティブ英語とか、英語ではよくネイティブという使われ方をします。ところで、ネイティブって何だか知っているでしょうか?一字違いのネガティブとは全く別物であることは分かるかと思いますが・・・。

 

ネイティブと言う英語は、自国のとか現地人、原住民と言った意味があります。ネイティブアメリカンという言葉は聞いたことがあるかと思いますが、アメリカに元々住んでいたインディアンのことを指します。教材などでもネイティブという言葉が良く使われますが、英語圏の住民にちゃんと通じると英語という意味があります。ネイティブイングリッシュと言いますからね。最初に、話しを戻しますが、何故、日本人の英語が外人に通じにくいかというと、日本語の発音と英語の発音で余りにも周波数が違い過ぎるためです。

 

アクセントなどのリズムも全て違うために現地の英語を使う人に通じなかったりもします。最近の教材では、その辺りをうまく乗り越えれる方法が分かってきています。科学の進歩で如何にして効率よく学習出来るかが分かった来たのです。ちゃんとした方向性で進んでいればネイティブに通じる英語も近いかも知れませんね。ちなみに、私の知り合いのお兄ちゃんは家では変な打楽器とかを叩いていて勉強しているところを見たことがないと言ってましたが、何とTOEICで950点という高得点をマークしました。私も信じられませんでしたが、これは事実です。勉強のやり方がいかに大事かと分かってくる内容ですね。

 

 

外国人と英語を話す時の注意点

 

外国人と英語を話す時の注意点です。これは国民性とも言えるわけですが、完璧に喋れなくてもどんどん外国人と話をするべきです。外国人などは、片言の日本語でも恥ずかしがらずに話すことが多いと言えます。確かに、外人にもシャイな人は多いのですが、日本人に比べれば割合は低いでしょう。外国人と話すことにチャレンジしないと、中々上達しない場合があります。上手く喋れないとか気にせずに行動することが大事だと言えるでしょう。

 

多くの場合が、相手の英語を話す外国人も日本人がちゃんとした発音で喋れるとは思っていない場合が多いのです。そういうことを考えれば、リラックスして堂々と会話をすればよいでしょう。しかし、日本人の発音が聞き取れない場合もあるので、相手の表情や様子を見て聞き取れていないようであれば、ゆっくりとはっきり喋ることが大事だと言えます。上手く喋る必要もなければ緊張する必要もないので自然体で堂々と会話が出来ればよいでしょう。

 

特に仕事などで通訳もいなくて、どうしても分からない時は、身振り手振りや紙に絵を描くなどの方法が有効な場合があります。会話よりもボディランゲージの方が大事な場合もあるのです。口だけじゃなく身振り手振りなども外国人を会話をする上では重要なスキルになるのではないかと思います。

 

 

英語を勉強する理由

 

英語を勉強する理由は、人それぞれだと思います。もちろん、昇進試験などのために勉強する方もいるでしょう。しかし、本当の意味は英語を勉強してもっと人生を充実させるためにやると思うのです。これが一番の理由だと思います。目標とする会社で働きたいから勉強する。いい会社に入るために英語を勉強する。外国人の友達が欲しいから英語を勉強する。アメリカ旅行を快適にしたいから勉強をするなど人によってさまざまだと思います。しかし、本質にあるものは、英語を勉強してもっと充実した人生を送るためではないかと思うのです。そういう意味でも、英語の勉強はおろそかにしていはいけません。

 

確かに、覚えるのが大変で辛い時もあるかと思いますが、その先には、明るい未来があると思って実践するのが一番だと思うのです。明るい未来のために頑張って英語を覚えて充実した毎日を過ごせるように頑張りましょう。明るい未来が待っていると信じています。

 

英語に自信がつけば人生が充実したりすることは間違いないです。人生の選択肢も広がるでしょう。